バス運転手として働く

バス運転手の資格について

バスの運転手の資格を得るために

まずバスの運転手になる資格を得るためには大型二種免許が必要です。免許取得以降は、各バス会社との関係になります。会社により多少差異はありますが、一般的な会社と同じように面接やペーパーテストが行われます。面接では人間性や志望動機などを聞かれます。また、福利厚生や給与体系の確認や相談も行われます。ペーパーテストでは、一般常識などが問われます。健康診断や、運転適正テストは重要で、心身ともに健康で、常に冷静で確実な判断ができる状態であることが必要です。実技試験では、実際の現場で必要な安全な運転技術を求められます。以上、合格すれば晴れて運転手として活躍できます。

バス運転手に必要な資格

バス運転手に必要な資格。もちろん、大型自動車運転免許は必須ですが、旅客輸送か送迎輸送かで大きく異なります。旅客輸送の場合は、大型自動車二種免許が必要となり、大型自動車運転免許だけでは運転することはできません。この旅客輸送は、乗客から運賃を徴収しているものであり、グリーンナンバー車両がこの部類に入ります。それに対して、企業や学校等の送迎用のバスの場合は、大型自動車運転免許だけで運転することができます。送迎用ですので、費用は委託している企業や学校が支払っていますので、利用している会社員や学生は運賃を支払う必要がありません。

バスの資格に関する情報

新着情報

↑PAGE TOP