バスの運行管理を行う

バスの運行管理者の資格

バス事業に必要運行管理者の資格

運行管理者とは、国土交通省が行う運行管理者試験に合格した者で、安全運転の責任者として事業者から選任を受けた者のことを言います。バス事業に使われる台数をもとに選任が必要になる人数が決まっており、29台までは1人、30台以上は30台ごとに1人必要になります。資格を取得するためには1年以上の実務経験か、自動車事故対策機構が行う基礎講習を受講している事が必要です。資格の種類は貨物運送と旅客運送に分かれており、バス事業の場合は旅客運送になります。ドライバーの労務管理や配車を行い、事故が起こった際には責任を問われる立場になります。

バス会社必須の運行管理者の資格

運行管理者は、自動車運送事業者が事業用自動車を用いて営業する場合、その規模に応じて選任する必要があり、国土交通大臣指定試験機関の行う試験に合格したものでなくてはなりません。受験資格は1年以上の実務経験ですが、指定研修を受けた者も受験できます。資格所得後、バス会社において安全に運行されるように管理するのが主な仕事で、運転手の健康管理、勤務管理、出発時の点呼で運転手の健康管理、勤務や運行状況、事故などの記録が主な仕事です。運行管理者は、路線、高速、団体などのバス会社において、事故を防止するため日々がんばっています。

↑PAGE TOP