バスツアーで大活躍

バス添乗員の資格について

経験がものを言うバスの運転手

バスの運転手になるには、大型二種免許を取得が必要です。しかし、資格を持っているからといってすぐに乗務に就けるわけではないのが実情です。やはり経験が必要ですので、大型車運転経験ありの方が有利です。観光バスの日帰りツアーでは、ドライバーと添乗員が協力してスケジュール管理をします。このふたりの関係がうまくいっていれば、旅行中多少のトラブルが起こっても何とか回避できることができます。高速道路での渋滞時のトイレ休憩場所変更などは、比較的すいているパーキングをドライバーが教えてくれたりします。これも運転経験から得られる情報のひとつです。

バスの添乗員の資格について

バスの添乗員として働き始めるには、様々な資格を取得しなければならないケースがあるため、前もって採用試験の際に担当者に相談を持ち掛けることが大事です。また、コミュニケーションのスキルの高い人材であれば、様々な企業から重宝されることがありますが、まずは各企業の求人の条件をじっくりと比較することが良いでしょう。もしも、バスの添乗員の資格の取得の方法について知りたいことがあれば、まずは大手の専門学校や通信教育などを利用することによって、短期間のうちに必要な知識を身につけることが大きな課題として挙げられます。

↑PAGE TOP